ギフトプラザオンライン

会員情報修正 カート/お気に入り 注文照会

法人のお客様お問合せ店舗一覧  よくある質問ホームへ戻る

ギフトプラザオンライン 出産内祝い 結婚内祝い カタログギフト
 

香典返し/法事引き物

←前のページに戻る

香典返し/法事引き物のQ&A

■香典返し

Q.香典返しってなに?

葬儀の際にいただく、お香典に対してのお返しです。

香典とは、故人の霊前に供える金品を言います。通例、香典は香典袋に入れて、葬儀(通夜もしくは告別式)の際に遺族に対して手渡します。香典返しはその時にいただいたお香典のお礼になります。
関西のほうでは「満中陰志」とも言いますね。

Q.お返しのタイミングは?

忌明けを迎えた頃にお返しをします。

香典返しは、忌明けを迎えた頃に、香典を頂いた方へ忌明けの報告とお礼を兼ねてお返しをします。忌明けの時期は宗教によって違いがあり、仏教の場合は49日(35日の地域もあります)、神式ではなくなって50日目になります。

一般的には上記のようになりますが、東北地方や関東の一部では香典返しには「即返し」という風習があり、忌明けをまたずに葬儀の際にお返しすることもあります。

Q.予算はどのくらい?

いただいたお香典の3分の1〜半額程度が基本です。

基本的に香典返しの予算は、いただいたお香典の3分の1〜半額程度が相場です。

ただし、身近な方から高額のお祝いをいただいたり、品物の値段がわからない場合などは無理に相場にこだわらず、感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

Q.「即返し」と「後返し」どちらが正しい?

地域による違いなので、どちらが正しいというものではありません。

香典返しには「即返し」と「後返し」があります。

「即返し」とは、頂いたお香典に対して葬儀当日にその場でお返しをします。

「後返し」は忌明けを迎えた時期にお返しをします。

東日本では即返し、西日本では後返しの傾向が強いと言えます。ただし、即返しの場合は頂いた香典の金額に関わらず、参列者全員に同じものをお渡しするので、多額の香典を頂いた方へは、改めて後から追加する方もいらっしゃいます。

Q.品物は何を準備したらいい?

代表的なものは、お茶、タオル・寝具、海苔や調味料、洗剤などです。

香典返しの品としては日用品が無難とされています。

お茶、タオル・寝具、海苔や調味料などのセット、石鹸・洗剤などが選ばれています。

いくつあっても困らないものを基準にすると良いと思います。

最近ではカタログギフトを使う方もいらっしゃいますね。

Q.商品にかける「のし紙」はどう書く?

のしの内容は宗教によって異なります。

表書きは各宗教で異なります。のしは黒白あるいは黄白の結び切りで、どの宗教にも関わらず使用することができるのは一般には「志」です。

水引きの下に喪家の姓を書きます。仏式では「忌明け」「満中陰志」「粗供養」などとも書き、神式では「今日志」あるいは「偲び草」、キリスト教式では「偲び草」「召天記念」などと記します。

Q.お返しはどのようにお渡しする?

即返しはその場で、後返し・追加の場合は宅配を利用する方が多いです。

本来であれば、いただいたお返しは直接手渡しするのが理想的ですが、宅配などで直接相手の方へ送ることが多いですね。香典返しは、喪主を差出人名にした挨拶状を添えるのが一般的です。

Q.法事ってなに?

法事(法要)は、故人の冥福を祈る行事です。

特定の区切りで、故人の冥福を祈って行われるのが法事(法要)です。

その区切りは宗教によって違います。

【仏式】

一般的には7日ごとに読経してもらい、四十九日に忌明けの法事(法要)を行います。

その後、亡くなった年を1年とし、最初の年の一周忌、その後は三と七の付く年に年忌法要を行います。

【神式】

神式では、仏式の法要に当たるものを「霊祭」といいます。故人の死亡した日からかぞえて10日ごとに「十日祭」を行います。死亡後50日目で忌明けとなり「五十日祭」といいます。一、三、五、十年祭は盛大に行い、その後は10年ごとに行われます。

【キリスト式】

一周年目に盛大なミサを行い、区切りの良い年に召天記年ミサを行います。プロテスタントは亡くなってから1ヵ月後を召天記念日として記念式を行い、数年間は1年ごとの命日に記念式を行います。

Q.法事の引き物はどうする?

法要に出席していただいた方にお配りする品物です。

法事の引き物は、出席していただいた方全員に感謝の気持ちをこめて配る品物です。

基本的には法要後に会食が行われるケースがほとんどなため、その会食の席に一緒につけておくのが多いかと思います。

Q.予算はどのくらい?

いただいた金額の3分の1〜半額程度が基本です。

基本的に法事引き物の予算は、いただいたお香典の3分の1〜半額程度が相場です。ただ、会食を行う場合はその料理代もありますので、そちらとのバランスを考えながら金額を決定する方が多いようです。引き物だけでみると、2,000円〜3,500円程度が一般的です。

Q.品物は何を準備したらいい?

代表的なものは、お茶、タオル・寝具、海苔や調味料、洗剤などです。

法事引き物では、日用品が無難とされています。お茶、タオル・寝具、海苔や調味料などのセット、石鹸・洗剤などが選ばれています。いくつあっても困らないものを基準にすると良いと思います。最近ではカタログギフトを使う方もいらっしゃいますね。会場から持ち帰っていただくものですので、あまりかさばったり、重かったりしないもののほうがおすすめです。

←前のページに戻る

ご自宅・会社まで お伺い致します「のし」と「包装紙」の指定について